ぎっくり腰

尾てい骨の痛み

ぎっくり腰で
お困りでは
ありませんか?

このようなお悩みはありませんか?
  • 急に腰に激しい痛みが走った
  • 痛みで前かがみになれない
  • 寝返りが辛い
  • 下の物を拾えない
  • 靴下を履くのが大変
スタッフ集合写真

上記の様な症状はぎっくり腰を起こしている可能性が高いです。ぎっくり腰は辛いですよね。今まで普通に出来ていた事が、痛みで出来なくなってしまいます。仕事や子育て、日常生活にも著しい制限をもたらしてしまいます。松本市かんのう整骨院では、ぎっくり腰の様な急性の痛みにも対応しています。
整形外科などの病院とは違った手技をメインに早期の症状回復を目指しています。

ぎっくり腰とは

腰痛の女性

ぎっくり腰というのは病名ではなくいわゆる俗語で、整形外科などでは急性腰痛症と診断される事が多いです。レントゲン検査などで明らかな異常が無ければ急性腰痛症と診断されます。
高齢者の方で骨粗鬆症がある場合、明らかな原因がなくても、いつの間にか圧迫骨折を発症しているケースもあります。高齢者の方で急に腰が痛くなって自由に動けなくなってしまった場合は、一度整形外科で検査をしてもらう事をおすすめします。
ぎっくり腰と言っても痛みの程度は様々です。
患者様一人一人の症状に合わせた施術をしています。

ぎっくり腰になってしまうきっかけ

満身創痍の女性
  • 重い物を持ち上げようとした時や降ろす時
  • 顔を洗おうと、前かがみになった時
  • 遠くの物を取ろうと手を伸ばした時
  • 掃除機をかけている時
  • くしゃみをした時
  • 急に立ち上がろうとした時

ぎっくり腰というと重い物を持ち上げた時になってしまうイメージが多いと思いますが、上記の様に些細な事でなってしまう事も非常に多く注意が必要です。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰になる時というのは、腰の筋肉に疲労が溜まり過剰に緊張している事が多いです。分かりやすく言うと腰の筋肉が凝っている時です。
筋肉が凝っている時というのは筋肉に柔軟性が無くなり、筋肉がうまく伸びたり縮んだり出来ない状態で、その時に腰に力が入った時に痛めてしまいます。
つまり、ぎっくり腰は腰の筋肉や筋膜の損傷になります。レントゲンを撮っても骨に異常が無い事がほとんどです。
整形外科などの病院では、レントゲンを撮って異常が無ければ湿布や薬で様子を見ましょうという事がほとんどですが、かんのう整骨院ではこの筋肉に着目してアプローチをし、早期回復を目指しています。

ぎっくり腰に対する施術の流れ

  • カウンセリング

    問診の様子

    ぎっくり腰になってしまったきっかけや、痛みの部位などを丁寧にカウンセリングします。

  • 運動検査

    運動検査

    運動検査で可動域や疼痛部位を確認し、施術後の評価に役立てます。

  • 施術

    坐骨神経痛

    患部の炎症を抑える施術や、患部にかかる負担を減らすように、筋肉の緊張を取る施術をします。

  • 運動検査で再評価

    運動検査

    運動検査で施術後の変化を確認し、今後の施術に役立てます。

  • 説明

    日常生活、セルフケアなどのアドバイス

    日常生活での注意事項や、自宅で出来る簡単なセルフケアを説明して終わりです。

料金

ぎっくり腰は健康保険適応です。ぎっくり腰で来院する際は保険証をお持ちください。(仕事中のぎっくり腰は労災保険となります。)
保険料金について詳しくはこちらをご覧ください↓
https://kannouseikotuin.com/access/

お客様の声

  • ギックリ腰が改善

    500ml×24本のペットボトルの箱を持ち上げたらグキっと・・・。
    夜眠れない程痛かったですが、おかげ様ですっかり良くなりました!
    職場の人にもオススメしました♪

    松本市 M.K

    ※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。