子供の肘が抜けた・肘内障

子供の肘が抜けた・肘内障は
かんのう整骨院にお任せください!

待ち時間を極力少なくし、即座に対応いたします!

  • 子供が手を動かさない
  • 肘を曲げずにぶらーんとしている
  • 動かそうとすると痛がる
  • 転んだわけでもないのに痛がる
  • 子供の手を強く引っ張ってしまった

こんな時は肘が抜けてる可能性がありますので、正しい整復をする必要があります。
他にも鉄棒やうんてい、寝返り(自分の腕を巻き込む)で引っ張る力が加わっても抜けてしまう可能性があるので注意が必要です。

肘内障って何?

輪状靭帯がずれて、骨を固定できない状態になっている。

肘内障とは肘の脱臼(正確には頭骨頭の亜脱臼)です。

好発年齢は2~4歳ですが、数カ月赤ちゃんでもおこる場合があります。
子供の肘は骨の発達がまだ完全ではないので、輪状靭帯という肘の靭帯から外れてしまいやすい状態です。

なので、無理に引っ張ったりすると「肘が抜けた」という状態になってしまいます。
一度抜けると癖になりやすいのですが、小学生くらいになると骨も発達してきて抜けづらくなってきます。

当整骨院では即座に対応!

優しい施術なので小さいお子様でも安心です

大きい病院や整形外科では順番に対処されるのが通常です。

痛がっているのに長く待たされるのは子供も親も辛いですよね。
肘内障の判断や整復は時間がかからないので、当整骨院では待ち時間なしですぐに対応いたします。



事例 | かんのう整骨院

  • 松本市寿豊丘在住 2歳の子供さん

    親と手を繋いで歩いてて、腕を引っ張った拍子に肘が抜けて
    しまいました。

    手を動かせないので悩んでおられたところ、近所にあった当院に
    来院。

    すぐに来られたのでその場で整復し動くようになりましたが、
    念のため、2回目も来て頂きましたが、問題がなかったので
    治療を完了しました。

    ※お客個人の感想であり、効果には個人差があります。